MENU

介護保険訪問サービス(訪問介護事業)のご案内

介護保険訪問サービスとは、自宅で介護サービスを利用する場合、自宅へ訪問してもらって受けるサービスをいいます。

介護を必要とされる方のお宅を訪問し、身体介護・生活援助を通じて、自立した生活が送れるように援助し、介護者の負担の軽減をお手伝いします。

要支援1・2の方への訪問介護サービス(介護予防訪問介護)は、本人が家事等を行うことが困難な場合は利用することができます。一緒に行うことで自立支援をしていきます。お気軽にお問い合わせ下さい。

サービス内容と対象者

介護保険における要支援1・2及び、要介護1~5と認定された方。

身体介護

利用者の身体に直接触れて行う介助や専門的援助です。

  • 食事、入浴、更衣、洗面、排泄、通院等の介助、その他必要な身体介助
  • 歩行、車いす等にかかわる介助

生活援助

身体介護以外の日常生活の援助をいいます。

  • 調理、生活必需品の買物、洗濯、掃除
    整理整頓、ベッドメイキング
    関連機関との連絡
  • 必要な家事、相談、助言等

障害者総合支援訪問サービス(居宅介護事業)のご案内

介護を必要とされる方のお宅を訪問し、身体介護・家事援助・外出介護・通院介護等を通じて自立した生活が送れるようにお手伝いします。

介護を必要とされる方が、自宅で適切にサービスを利用できるように、ケアマネジャー(介護支援専門員)が身体状況や生活状況、本人・家族の希望等にそってケアプランを作成したり、介護度に合わせてどの様なサービスが必要なのかを考え、さまざまな介護サービスの連絡・調整などを行います。

サービス内容と対象者

介護保険における要支援1・2及び、要介護1~5と認定された方。

身体介護

利用者の身体に直接触れて行う介助や専門的援助です。

  • 食事、入浴、更衣、洗面、排泄、通院等の介助、その他必要な身体介助
  • 歩行、車いす等にかかわる介助

生活援助

身体介護以外の日常生活の援助をいいます。

  • 調理、生活必需品の買物、洗濯、掃除
    整理整頓、ベッドメイキング
    関連機関との連絡
  • 必要な家事、相談、助言等

重度訪問介護

重度の肢体不自由者で常時介護を要する障害者の方等の日常生活の介護等を行います。

  • 身体介護及び家事援助全般
  • 外出介護・通院介護等

移動支援(地域生活支援)

通院・買物・社会参加等の、外出時に伴う移動のための支援をさせて頂きます。

  • 外出介護、通院介護
  • 生活必需品の買物同行等

動向援護

視覚障害により移動に困難を有する障害者が外出する時に同行して、移動に必要な情報を提供したり移動の援護や食事などの外出に必要な援助をします。

ケアプラン作成

ケアマネジャーが介護全般のご相談に応じ、有効に介護保険をご利用いただくために、どのような介護サービスを利用したらよいか計画書を作成します

よくある質問

  • 要介護の人が自立した日常生活を送れるよう訪問介護員(ホームヘルパー)などが自宅へ訪問し、身体介護や生活援助を行います。
    自宅で介護を受けられるサービスです。

  • お客様ご本人以外へのサービスは介護保険では提供することができません。
    介護保険内で提供ができない家事、掃除、お買い物等は、保険適応外サービスでご提供が可能です。

  • 介護保険利用の方は、原則、サービス内容と利用時間によって定められた介護保険利用料の1割が自己負担となります。

  • 特定の介護スタッフの指名は原則としてできません。ご了承ください。

  • 居宅介護とは、介護支援専門員(ケアマネージャー)がご本人や家族の方と相談しながらサービスの利用プランを決定するものです。
    要介護者や要支援者、その家族の状況や希望に応じた「ケアプラン」を作成し、主治医やサービス事業者との連絡調整を行うなど、在宅での介護を支援いたします。
    サービスの利用が始まった後も月1回程度自宅訪問し、ケアプランが心身の状態にあっているか確認します。

  • 基本的には要介護認定が必要で、要介護認定を受けるためには市や福祉施設などへ要介護認定のための申請を行う必要があります。

  • 「ケアプラン」とは、要介護者や要支援者が、住み慣れた我が家、地域で暮らすために必要なサービスの種類や回数などを決め、心身状況や家族の介護状況等を把握し、ご利用者の自立を支援し、また、家族の介護負担の軽減を図るためのサービスの利用計画書です。
    ケアプランの作成にお客様の自己負担は発生しません。
    ただし、介護保険料を納めていない場合は、全額自己負担となります。

© 株式会社夢の木.